前立腺肥大の症状には、排尿の回数が多い、急に尿意をもよおして我慢するのがむずかしい、尿意を我慢できずに漏らしてしまう、夜間繭り返しトイレに起きる、尿が出にくいことがある等があります。前立腺肥大は高齢の男性によく見られる病気で、前立腺が年齢を重ねることで肥大し、尿道が圧迫されることで、様々な排尿障害をもたらすようになります。だいたい40〜50代で症状が現れ始め、60歳を過ぎる頃には、半数以上の方が症状を訴えるようになり、65歳前後から実際に治療を始めるようになります。80才までには80%の人が前立腺肥大症になるそうです。そのため、男性の更年期症状、老化現象の一種とも言われています。前立腺肥大(尿に関するトラブルがおきやすくなるでしょう)の症状は、第1期から第3期に分けられます。第1病期は膀胱刺激期で、夜間頻尿や尿の勢いがない、すぐに出ない、少ししか出ない、時間が掛かるなんかの排尿障害を感じるようになるでしょう。第2病期は残尿発生期で、排尿の後も残尿感が残るようになってきます。そして、第3病期は慢性尿閉期となり、一日を通してトイレに行く回数が増えます。排尿障害がひどくなってきて、時には全く尿がでなくなってしまったこともあるそうです。命に関わる病気ではありませんし、高齢の男性がほぼ全員経験することですので心配はいりないのですが、本人にとってはやはり大変辛いことだと思います。五十歳を過ぎて、尿の出が悪くなってきたと言った感じを自覚したら、はじめに泌尿器科で検査を受けてみることをおすすめしますー